題:「鞆の海岸で、じゃれあいっこ」
冬の午後、潮が引いた漁港で長毛種の白猫がじゃれ合っていた。その風貌から察するに、兄弟であることは間違い無いだろう。漁師さんが取りこぼした小魚を食べたり、日向ぼっこをしたり・・・。猫には猫時間というものがあるというが、鞆の浦にはきっと風景とマッチした独特の猫時間があるのだろう。

back home next

Daily life of cat in TOMONOURA

Copyright(C) Fukuyama Chamber of Commerce and Industry. All Rights Reserved.
当サイトの文章・写真等の無断転載・転用は、禁止します。