題: 「かくれんぼをしてたのに」
梅雨の間は飼い猫たちも退屈しているようだ。雨が止むと待ち構えていたように外へ出て、お気に入りの場所で寛ぐ。濡れた石畳や古い家並みに沿って続く側溝はひんやりとして気持ち良く、暫くはこの場所で、右手に握っていた小石をコロコロ転がして遊んでいた。
back home next

Daily life of cat in TOMONOURA

Copyright(C) Fukuyama Chamber of Commerce and Industry. All Rights Reserved.
当サイトの文章・写真等の無断転載・転用は、禁止します。