GS1事業者コード(JAN企業コード)申請


GS1事業者コード(JAN企業コード)申請
※平成24年4月より、「JAN企業コード」は「GS1事業者コード(JAN企業コード)」へと名称変更しました。
新規登録申請受付と更新申請受付を行っています。

1.JANコードとは?

JAN(Japanese Article Number)コードは、わが国の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。
JANコードはバーコードとして商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。
JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJANメーカーコードとなっているものと、9桁がJANメーカーコードとなっているものに分けられます。

→詳細は一般財団法人流通システム開発センターホームページをご参照ください。




新規申請

※申請には2週間程度かかります。
※重複申請のないよう、新規申請の際は、既にコードを取得していないか、ご確認ください。

以下の手順で登録を行ってください。

「はじめてのバーコードガイド」(無料)を商工会議所会員課でお渡しします。

バーコードガイド巻末に添付されている「登録申請書」に必要事項を記入してくだい。

新規登録申請料(3年間分)を納付し、「振替払込請求書兼受領証」コピーを貼付してください。
・登録申請料のお支払いは、添付の郵便払込用紙をご利用ください。
・銀行振込の場合は、金融機関備え付の用紙やインターネット等でお振込みください。

◆ 登録費用(初期手数料は初めて登録する際に必要で、更新の際には不要です。)

GS1事業者コード(JAN企業コード)の登録申請書を
商工会議所会員課へ持参または郵送してください。
郵送の場合は、投函前に必ず電話連絡をお願いします。

(一財)流通システム開発センター(この間、2週間程度かかります。)

登録通知書が流通システム開発センターから郵送されます。

アイテムコードを自社で設定してください。
詳しくは「はじめてのバーコードガイド」をご参照ください。

印刷会社への依頼(チェックデジットの計算・印刷など)

取引先へJANコードの通知

商品出荷
インターネットによる申請はこちら






更新申請

※GS1事業者コードは3年ごとに更新が必要です。

有効期限が切れる約1ヶ月前に、(一財)流通システム開発センターより「GS1事業者コード(JAN企業コード)更新申請書」が届きます。

更新申請書に必要事項をご記入ください。
印字されている事項を確認し、変更があれば、修正変更してください。

更新申請料を納付し、「振替払込請求書兼受領証」コピーを貼付してください。
・ 更新申請料は3年間分になります。
・ 更新申請料のお支払いは、添付の郵便払込用紙をご利用ください。
・銀行振込の場合は、金融機関備え付の用紙やインターネット等でお振込みください。

GS1事業者コードの登録更新申請
申請書を商工会議所会員課へ持参または郵送してください。

引き続き商品GS1事業者コードをご利用いただけます。
※2018年7月2日より更新のインターネットによる申請が開始されました。
インターネットによる申請はこちら

 

GS1事業者コードに関するお問い合わせ先:
福山商工会議所 会員課
TEL:(084)921-2346
ページトップ