[新銘菓・福山三福]誕生]

 

 

福山商工会議所では、地域の特産品を生かした福山みやげ(銘菓)を開発しようと、2年にわたり広島県東部菓子商工業協同組合(小林博理事長、約130社)の備後地域菓子開発研究会(工藤忠会長 11社)と共同で取り組んできました。

平成10年度は、広島県立食品工業技術センターの協力指導を仰ぎながら、素材の成分分析、技術的課題の克服、加工技術の開発等に取り組み、平成11年度は福山商工会議所内に特産品開発推進委員会(棚池康信委員長)を設け、平成10年度の成果を踏まえて、試作品の開発また新作菓子審査会を実施するなどの活動を行い、最終的に素材の対象となる特産品として「くわい」「あんず」「保命酒」の3種に絞り込み、それぞれ「くわい餅」「あんず餅」「保命酒蒸饅頭」を商品化、平成12年4月21日から販売を開始しました。

[福山城と福山三福]

 

福山三福について

販売のご案内


問い合わせ先

福山商工会議所 産業課

〒720-0067福山市西町二丁目10-1
TEL:(084)921-2359
FAX:(084)922-0100
E-Mail:cci@fukuyama.or.jp

なお、購入につきましては、販売各店舗にお問い合わせください。