経営安定セミナー


資金繰り改善と調達・収益力向上の進め方
 

ウイズコロナの時代、中小零細企業は資金繰りから経営を考えることがより重要となっています。今まで経験したことがないような売上減少で、何をすればよいか悩まれている経営者の方も多いでしょう。そうした中、新型コロナ対策融資で借入をしたが、その後の経営や金融機関との付き合い方についても、不安になっておられる経営者の方も多いと思います。本セミナーでは、「資金繰り」「資金計画」に着目し、収益力向上へ向けた改善策をご提案します。

経営者の皆さまだけでなく、経理・財務担当者、後継者の皆さまのご参加をお待ちしております。

主催

福山商工会議所

開催日

令和4年1月26日(水)・2月2日(水)
14:00~17:00
計2回

場所

1月26日 福山商工会議所 1階 102会議室
2月 2日 福山商工会議所 1階 101会議室

受講料

無料

定員

30名(先着順、定員になり次第締め切ります)

内容

1日目(1月26日)
【資金繰り改善の必要性と改善を行う上で知っておくべき事項】
1.ウイズコロナ時代における資金繰りの重要性
2.資金繰り改善を成功させるための基本
3.資金繰り改善に必要な自社のキャッシュの理解
4.財務収支の具体的改善策
 
2日目(2月2日)
【事例を活用した様々な資金繰り改善策を具体的に学びます】
5.本業の資金繰り改善策
6.資金(調達)計画を活用し自社の成長を考えよう
7.設備投資と資金繰り
8.資金管理を利用した収益力向上

講師

(株)Kプラニング 代表取締役 小林 正一 氏
<プロフィール>
中小企業診断士、社会保険労務士ほか。福山誠之館高校、岡山大学法学部法学科卒業後、昭和51年に㈱広島総合銀行(現㈱もみじ銀行)へ入行。平成4 年にマツダ1 次下請会社に経理部次長として出向。以降2 年半にわたり決算業務、経営改善業務に従事。その後銀行に戻り支店長を経て経営コンサルティング会社の経営指導部長として約60社の中小企業指導実績がある。平成18年に㈱もみじ銀行を退職し㈱Kプラニングを設立し現在に至る。現在、訪問先の経営指導に当たるとともに金融機関の融資実務と企業財務の実務に精通するエキスパートとして全国各地で活躍している。日本政策金融公庫、第二地銀協などの中小企業専門の金融機関で支店長研修、事業評価研修の講師を歴任している。
 

申込方法

以下の申込フォームよりお申込みいただくか、申込用紙をダウンロードし必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

申込フォームはこちらから
 
申込用紙はこちらから

備考

※受付が完了した方には、メールまたはFAX にて受講票を送付しますので、当日は必ずご持参ください。
※駐車場は有料になります。また手狭なため、お車でのご来場はご遠慮ください。

来館者への感染予防のお願い

※来館者の方はマスクを着用し、咳エチケットや消毒等の感染予防対策にご協力ください。
※体調がすぐれない場合は来館を自粛してください。

申込・問い合わせ先

福山商工会議所 経営課(三好)
TEL:(084)921-8734
FAX:(084)922-0100

個人情報の取り扱いについてはこちらから
ページトップ